2020年7月9日木曜日

セイヨウニンジンボク 緑の街

セイヨウニンジンボク クマツヅラ科
ヨーロッパ南部原産

「相模原公園知っておきたい樹」のひとつ。花や葉にも香りがあります。
さわやかなスミレ色の花を咲かせています。


ヤブカンゾウとノカンゾウ 紅葉の丘

ヤブカンゾウとノカンゾウ ユリ科
 
梅雨明け近くのこの時期になると川の土手などでユリのような橙色の花を見かけます。八重の花がヤブカンゾウ、一重の花がノカンゾウで、相模原公園でも紅葉の丘などで見られます。

 


ツンベルギア マイソレンシス (サカタのタネグリーンハウス)

ツンベルギア マイソレンシス キツネノマゴ科 インド南部原産
花は長さ40センチから100センチの総状花序で下垂します。苞は暗赤褐色で大きく開いた花筒内部は黄色になります。たくさん釣り下がっている様子は圧巻です。

 

2020年5月15日金曜日

ミズレンブ(サカタのタネグリーンハウス)


真っ白な花が咲いて3週間程すると花からは想像もできない真赤で艶やかな大きい実が生ります。











 

 




2020年5月4日月曜日

ヒスイカズラ(サカタのタネグリーンハウス)

3月に開花し4月中旬に花が終わりました。ここにきて再度花が咲き始めましたので、ご紹介いたします。








2020年4月10日金曜日

コスツス バルバツス(サカタのタネグリーンハウス)

赤い苞がよく目立ち、中から黄色い花が出てきます。コスタリカ原産。葉がらせん状にでることから英名は「spiral ginger」です。

2020年4月8日水曜日

メディニラ 火の鳥(サカタのタネグリーンハウス)

 

例年になく沢山の花が咲いています。名前は、19世紀初めにマリアナ諸島の知事を務めたスペイン人、ホセ・デ・メディニーリャに因むとされています。     


ギフゲットウ(サカタのタネグリーンハウス)

英名はシェル・ジンジャー、貝殻のように見える白い蕾に由来しています。



2020年3月15日日曜日

ヒスイカズラ

サカタのタネグリーンハウスは、現在新型コロナウイルス感染拡大防止のため3月31日まで休館となっております。
しかしながら現在ヒスイカズラがたくさん咲きだしていますので、紹介させていただきます。
状況により、4月も見ることができるかもしれません。その時は、またお知らせをいたしますので、ぜひご来館いただければと思います。

2020年2月22日土曜日

ヒスイカズラ

ヒスイカズラ  サカタのタネグリーンハウス トロピカルガーデン内
現在、花房の上から開花が始まりました。開花予定の花房はおおよ70以上ついていてその花房を見るだけでも圧巻です。是非明日、23日のガイドツアーの参加をお待ちしています。